卵黄も離乳初期からOK!国のガイドが改定されました

突然ですが、

みなさまは離乳食を作るとき

何を一番に参考にしますか?

 

 180601-1

離乳食スタート時の次男くん。ムチムチ!

 

離乳食教室、本、お友達、インターネット、、

今は様々な手段で

どんなことでも探せる時代だからこそ、

必要な情報を、正しく選ぶ目をもつこと

って大事。

 

私は離乳食で迷ったとき、

まず参考にしていたのがこちらでした。

 

厚生労働省

「 授乳・離乳の支援ガイド」

 

いわゆる「国」がまとめた

授乳や離乳に関する基本的指針。

多くの離乳食本は

こちらを基につくられています。

 

また私たちの教室や、

離乳食レシピなどを提供する際も

基本を逸脱しないよう

その都度確認しています。

 

なじみがうすい?かもしれませんが、

実はみなさまがお持ちの

「親子手帳」にはこのガイドを基にした

離乳食のページが載っているんですよ^^

190517-2

(こちらは2017年生まれの次男くんの親子手帳)

 

 

このガイドは適切な授乳・離乳の方法、時期、

特に気をつけるべきことなどについて

お医者さん、助産師・保健師さん

管理栄養士さん等がそれぞれの専門領域

から意見を出し合い作られています。

 

そんな「授乳・離乳の支援ガイド」は

今年2019年の3月、

約10年ぶりに改定されました。

 

190517-1

 

ということで、ここ最近はずっと

この新しいガイドを読み込んで

お勉強している私です。

 

 

やはり10年も経つと、

世の中の流れは大きく変わり

育児を取り巻く環境も多様化しています。

 

新たな課題が見つかることもあれば、

逆に科学的な知見が10年の間に蓄積され

さらに役立つ情報がもたらされたり。

 

そうした流れをくみとったうえでの

今回の改定となったようです。

 

参考資料も含めると50ページ越え(!)

のボリューミーな内容なので

ご興味のある方はぜひ

全文を読んでいただきたいのですが

(厚生労働省のホームページからだれでも閲覧することができます。

ちなみにこのガイド改定のための議事録まで!←これが!興味深かった!)

 

今日はその中でも特に私が

印象に残った点をご紹介したいと思います。

 

 

◆食物アレルギーの増加と対応について

 

近年、3歳時点における食物アレルギーを

もつ子供は増加傾向にあり、また

年齢が低いほどその数も多いそうです。

確かに周りでそういう話もよく耳にしますし、

ママたちも敏感になっている話題ですよね。

 

そんな中、一部では

アレルギーが心配だから

離乳食を遅らせるという傾向も

見られているそう。

 

しかし、授乳・離乳の支援ガイドによると

「食物アレルギーの発症を心配して、

離乳の開始や特定の食物の摂取開始を

遅らせても、食物アレルギーの予防効果が

あるという科学的根拠はない」

明記してあります。

 

ハチミツなど「絶対に与えてはいけない」

というものは別として、

アレルギーが発生するかどうかも分からない

うちから過剰に特定の食物を避けたり

母乳やミルクに頼りすぎたりすると

栄養面での心配が高まることに。

180610-4 

母乳自体、生後半年頃からは

栄養の偏りが出てくるので

(鉄やビタミンDが不足しがちです)

適切な時期に、

適切な方法で、

バランス良く

離乳食を始め、進めて行くことが

大切なようです。

 

何らかのアレルギー症状が出た場合は

お医者さんの指示に従いながら

進めていってあげてくださいね。

 

 

◆卵の摂取は生後5~6ヶ月からOK

 

また今回の改定では

こうした傾向も踏まえて

離乳食スタートの時期を改めて

喚起する(生後5~6か月から始める)

とともに、

 

今までは生後7か月頃~の

摂取が推奨されていた「卵」が

離乳食スタート生後5,6か月頃~

卵黄からはじめて全卵へと進めていく

に変更されています。

 

卵といえば3大アレルゲンのひとつ。

 

私もはじめての卵をあげるときには

ドキドキしたものですが、

 

逆に言えば離乳初期という

ごくごく限られた食材しか使えない時期に

うまみも栄養もたっぷりな卵を

貴重なタンパク質源として使える

というのは離乳食の幅がぐんと広がりそう!

 

6C0E0F67-A88C-4DBD-86AB-054959090068 

ゆで卵にするなど

加熱してからおかゆに混ぜたり、

おだしと割って蒸して

つるっと食べられる

茶碗蒸しにしてもいいですね♩

 

赤ちゃんの様子、体調をよくみながら

上手に活用してみてはいかがでしょうか^^

 

 

 

 

・・・と、ちょっと紹介したところで

思いのほか長くなってしまった(^-^;

続きは次回のブログにて!

 

ベビーフードの利用についての

とてもためになるお話がありましたので

そちらをシェアしたいと思いまーす^^

 

 

==========

現在ご案内中の教室

 ●5/27(月)10:00-12:00

「味覚を育てる離乳食×おだし教室」

@岡山市南区・市場文化会館

→残席2<詳細はこちら★>

==========


オンラインショップ
baby_dashi_bn
オンラインショップ
赤ちゃんのおだしやさん

赤ちゃん・子どもに伝えたい
安心安全な「食」をセレクトしています



\フォローお願いします♪/

LINE@
▼▼赤ちゃんのおだしやさんLINE@▼▼

毎月のおだし教室の先行案内など
最新情報をお届けしています。

友だち登録はこちらから
友だち追加
<LINE id : @akachan_odashi>