今年の恵方巻。酢飯の味つけを控えめにするコツ。

 

2月3日は節分でしたね。

わが家では今年も「豆まき」に「恵方巻」に、家族で楽しく行事ごとを終えました。

 

05E2A310-6D9C-4B80-A838-ACBF857D3C11

長男くんがどこからか習ってきた「恵方巻」のお作法をみんなにきっちりレクチャーし、それに倣う次男くん。2人して無言で、巻き寿司にかぶりつく!かぶりつく!

 

二人ともまさかの一本、

食べきりました・・・!!ええええ

 

手づくりなのでご飯を薄めに敷いたりと配慮はしましたが、私としてはカットして食べさせようと思っていたのに。

どうしても、丸かぶりがしたいと。絶対に切っちゃダメ!!!と(笑)2歳、5歳男の子の食べっぷりに驚きを隠せない今日この頃です・・・(^-^;

 

今年の手づくり恵方巻の具はこんな感じでした。

08DB2B95-55A7-42BC-910D-BFB111D4D3C1

今年の具は

・厚焼き玉子

・干し椎茸と干瓢の煮物

・きゅうり、レタス

・(2歳次男以外は)海鮮

・カニカマ

・(大人)三つ葉

 

事前に子どもたちにリクエストを聞いてみたら「きゅうり!」「たまご!」「カニ!」とサラダ巻きっぽいものが食べたそうだったので、それを中心に揃えました。

 

卵や煮物は2歳次男が食べることも考えて、気持ち控えめな味付けに。干し椎茸と干瓢の煮物は椎茸だしを少しプラスして甘辛く煮たのですが、椎茸の風味がよく効いていて美味しかった!巻いた時にもいい味のアクセントになっていました^^

 

さらに酢飯にもひと工夫!

巻き寿司、といえばあの甘酸っぱい酢飯が美味しさのひみつでもありますよね。

 

ただレシピ通りの酢飯って、小さな子供と一緒に食べようと思ったら「濃いなぁ…」なんて感じることありませんか?

 

かといって極端に分量を減らせば、ほとんど味を感じないという。(酢飯って冷めると味が薄くなるので、濃いめがちょうどいいんですよね。。)

2歳5歳の子どもたちと一緒に美味しく食べるために、今年は酢飯づくりのときに2つの工夫をしてみました!

 

1)ご飯を炊くときに昆布を入れる

まずはご飯を炊くときに、お米・水と一緒に昆布も入れてスイッチオン!今回はちょうど家に「刻み昆布」があったので、軽く表面をおおう程度に入れました。

 180919-3

もちろん、普通の昆布でもOK。それだけで、ご飯に昆布の自然なうま味がのります!これは酢飯に限らず、栗ご飯などちょっと味付けをするご飯ものの時にはよく使うワザですね。

 

2)炊きあがったご飯に「ごま」を混ぜて風味をUP!

さらにもうひと工夫!

炊きあがったご飯をボウルやすし桶に移して酢飯を作ると思うのですが、その際にまず「ごま」をたっぷり入れて。「昆布のうま味」+「ごまの風味」がご飯に加わることで、味の土台が出来上がってきます。

 4C97CAB4-6BFB-4576-86F6-5C3465513C2E

こうしてご飯の美味しさをあらかじめ底上げしておくことで、そこから足していく甘酢はいつもより控えめでも物足りなさを感じなくなります。

 

実はこのゴマを入れるテクニック、先日実家の母が手巻きずしを作る際にやっていたこと。これはいい!と早速、わが家でもマネさせてもらいました^^

さらに母はちりめんじゃこも混ぜていたのですが、これもうま味や自然な塩味を足すのにいいですよねー♩

 

恵方巻だけでなく手巻き寿司、ちらし寿司にも♩

恵方巻を巻く作業は、こどもたちと一緒にしました。

 24EB1A31-BA8C-4B56-883D-38D43FBDB37A

2歳次男にとっては初めての経験。まず、お兄ちゃんがやっているのをじっくり見て・・・

 E8FA8219-A82D-4211-AFB2-647B3FA6BEA3

「ボクもやる!」と楽しそう♪

 

肝心の、ごまが香る酢飯は大人にも好評!出しておいたつけ醤油も、みんなほんの少しつけた程度でした。濃い過ぎない味は、子供はもちろん大人にとっても飽きずに食べ進められてよかったです^^(食べすぎ注意w)

 

 

節分はもう過ぎてしまいましたが来年のためへの記録、でした。普段の手巻きずしやちらし寿司なんかを作るときにも使えるので、ぜひ試してみてくださいね!


甘さの調節も自由自在!豆から小豆(あずき)を煮てみよう♪

「1月って

美味しいものがいっぱい食べられるねぇ♡」

 

お正月のおせちにお雑煮、

1月7日の七草がゆを食べて長男が言った言葉です。

確かに、

ごちそう感というか非日常感が強い食卓・・・!

 

そして追い打ちをかけるように(笑)

明日1月11日は鏡開きの日ですね。

「ふふふ、まだ好きなもの出てくるよー」

←小豆は息子の大好物!!

と伝えると、また目がキラキラしていました^^

 

2017鏡開き

鏡開きと言えば「あずきぜんざい」

みなさまはお家で

ぜんざいやお汁粉、作ったりしますか??

 

小豆(あずき)に限らず

「豆から煮る」ってかなりハードルが

高いように思われがちなのですが、

実はそんなに難しくないんですよね。

 

20200110_c

ポイントは

①乾燥豆なのでしっかり吸水させること

②弱火で時間をかけてコトコト煮ること

ざっくりいえばこの2点のみ。

 

お正月の黒豆など、美しく仕上げたい時には

プラスアルファで気にしておくといいこと

などもありますが、

普段の食卓で使うための豆だったら

あまり細かいことを考えずに煮てみる!

というのが私の持論(笑)

火にかけておいて、他のことをしている間に

美味しいおまめが簡単にできますよ~^^

 

 

 

さて話を小豆に戻しまして。

小豆の場合、もーっと嬉しいのが

①の吸水時間が不要!!!

 

小豆は他の豆に比べて

短時間ではほとんど吸水しないんです。

(吸水の部位、構造が他の豆と違うそうです。)

 

吸水させるならかなり長い時間をとって

浸水させる必要があるので

水洗い後→すぐに火にかける方法が一般的。

 小豆

ということはですよ。

思い立ったら、その日のうちに仕上がる♪

2017鏡開き

 

その代わり、小豆はアクが多いので

一度ゆでこぼし(水を替える)てから

煮始めてみてくださいね。

 

わが家で毎年作るレシピは

こちらに詳しく紹介しています。

↓↓

http://news.tyuusui.com/2549

 

 

先日、とある機会があって

市販のつぶあん(味付け済み)を使い

ぜんざいを作って試食したのですが…

おいしい!!けど甘ーい!!!!!

 

確かに作る手順はすごく簡単。

でもこの「甘さ」を調節できないのが難点。

大人だけならまだしも、

子どもも一緒に食べるとなると

このデメリットは結構大きいですよね。

 

手作りなら、

ほんの少しの手間はかかるけど

いかようにも味の調整ができます。

 

一度手順を知ってしまえばハードルも下がるはず。

レシピの甘さ(控えめです)を目安に

家族の好み、体調、年齢にあわせて…

味見をしながら

「オリジナル」なぜんざいを作ってみてくださいね!

 

 

 

・・・ちなみに余った場合、

私は少し煮詰めて水分を飛ばし

「あんこ」のようにして

冷凍保存しておいたりします^^

↑これを別の日に、パンとかに添えてあげると

長男はまたまた大興奮でーすw

 


子どもも食べやすい!「鶏だしの七草がゆ」

仕事始め、息子の幼稚園はじめ。

今週に入りようやく

「年末年始モード」から抜けつつあるわが家。

 

(が!今年は暦の関係で日曜日から仕事始めだったので

1月8日、9日と市場はまた連休なんですよね。。

お買い物をご予定されていた皆様すみません…><)

 

あんなにたくさん作った

おせち料理もあらかた終わり、

日持ちのするものは少しずつ副菜として

食卓にあげている日々です。

 

今年もそんなに、年末年始

「食べすぎたー」という感覚はないのですが

やはり普段に比べると

 

食事時間がまちまちになっていたり、

 

お菓子を食べる機会が増えたり、

 

おせち料理特有の醤油、砂糖多めの

味つけが少しくどく感じてきたり・・・

 

ちょっとお疲れかな?と感じることも。

みなさまはそんなこと感じていないですか?

 

 

今日1月7日は「七草の日」

 EF076775-AF0F-496C-B9A8-DD0DBC7BEB8F

お正月にたくさんごちそうを食べて

疲れた胃を休めてあげる七草がゆとは

よく言ったもの。

 

昔の人のならわしや、行事食って

知れば知るほど本当に理にかなっていて

現代でもそのまま通用するからすごいですよね。

わが家も今晩は七草がゆを中心に

ほっこりメニューにしよう!と思っています。

 

 

七草がゆのベースはここ数年

鶏だし煮干し昆布だしでとるのが

私のお気に入り!

鶏出汁

あらかじめ水出ししておいた

煮干し昆布だしに鶏肉、香味野菜を入れて

弱火で30分ほどコトコト・・・

これだけで完成!

 

詳しい作り方は過去ブログにも載せています。

↓↓ 

http://news.tyuusui.com/2541

 

 

とっても簡単、なのにコクのある

美味しいお出汁(スープ)になるので

少々クセが強い七草を入れても

あまり気にならずスルスルっと食べられます。

 

 

でも!

煮干し昆布だし、水出しできてない!!

間に合わない!!!という方も慌てずに(笑)

IMG_7823_convert_20151127232223

昆布だけでも事前に

30~1時間水に浸しておいてから

火にかけてみてくださいね。

そのひと手間でグン!

とおいしさが底上げされますよー♪

 

 5E9130A1-B39C-4E77-85E1-F962F94A4726

一年間の無病息災を祈念する

意味合いもある「七草粥」

それならば、小さな子供たちもぜひ

一緒に食べたい!と思ったことから

鶏だしに落ち着いたわが家のレシピ。

 

今年は2歳の次男も

同じものをよそって食べられるかな♪

みなさまもぜひ作ってみてくださいね^^

 

【現在ご案内中の教室】
2020年の教室につきましては、開催が決まり次第、公式LINEで配信いたします。LINE登録はブログ下部よりどうぞ↓↓

乾物屋のおせち2020と、今年もよろしくお願いします!

新年あけましておめでとうございます!

 

みなさま良いお年をお迎えでしょうか。

岡山中央水産は1月5日(日)より

2020年の営業がはじまりました。

今年もどうぞよろしくお願いいたします^^

  

 

乾物屋の年末年始は

毎年決まって31日~1月4日までの5日間。

 

普段、連休はめったにないので

あれやこれやと予定を詰め込みたく

なるのですが、

今年はなんと次男の発熱からスタート!!

(いっつもありあまるくらいの元気なのに、なぜ!笑)

 

おかげさまで一日ですっかり回復はしたのですが、

そんなこともあり例年以上に

のーーんびり休息できたお正月休みでした。

 

 

そして。

年末にSNS等でも怒涛のレポートをしていました

「乾物屋のおせち」2020は

こんな感じに仕上がりました♪

 

乾物屋のおせち2020

F30DB8B5-1F13-4B6E-9874-25358B6BF90F 

毎年、お重には詰めず

お気に入りのお皿に並べています。

(詰めるよりずいぶん簡単!)

 

ECCCDA1B-F7FF-420E-BA92-D61972070A6C

手前から

  1. 田作り
  2. 数の子
  3. 八幡巻
  4. えびのうま煮
  5. にしんの昆布巻
  6. 紅白なます柚子カップ
  7. 松前漬け
  8. 重ね伊達巻 E9837BF2-916D-4386-B064-B69EC9B2306A
  9. 黒豆D7E79403-C81C-4313-9A39-5801931351BB
  10. お煮しめA5A4A007-362E-4B03-B8AD-82E27E428DCD
  11.  蕪と紅心大根甘酢漬け
  12. 二色きんとん
  13. 松風焼
  14. たたきごぼう
  15. 紅白蒲鉾(長谷井商店さん)

 

気付けば、14品もつくっていた…!

我ながらよく頑張りました◎

 

とはいえ実は

毎年、作るメニューは

あまり変わっていません。

 

いつも作っているものは

復習がてらより丁寧に、

過去に失敗があればそこは改善して。

 

そんな風に作っていると

自然と上達もしているようで

年々「美味しい!」の声が増えているのが

作り手としては嬉しいところ^^

 

 

今年新しくメニューに加えてみたのは

重ね伊達巻、松風焼、甘酢漬け

 

重ね伊達巻は去年、

伊達巻がどうも上手く巻けず苦戦したので

巻かないレシピに挑戦。

これはこれで断面がきれいで華やかだった!

 

松風焼は子ども達のために、

お肉メニューがもう少しあればいいかな

と思い追加。

(が、大人の方がよく食べていた・・・笑)

 

甘酢漬けは実家の母レシピ。

お正月に実家に寄ると大抵出てきて、

美味しい美味しいと頂くので

自分でも作ってみようと思い。

醤油味にかたよりがちなお正月料理の中で

良い箸休めになりました~!

 

こんな風にして

例年のおせちを踏襲しながら

少しずつマイナーチェンジを繰り返して

いまに至っています。

 

参考までに過去のおせちはブログでも紹介済

「おせち、正月料理」カテゴリー 

 

今年は大きな失敗もあまりなく、

おおむね好評だったおせち料理。

失敗しなかったのは

私の腕がいいから、ではなく(笑)

単純に毎年毎年、地道に続けているから。

 

それが少しずつ力になって、

今年は2人の息子たちも

毎日のように食べ続けてくれるくらい

「美味しい!」「おせち好き!」

なんて言ってもらえると

続けてきたかいがありますね。

 27C47654-FC43-434A-8673-E3F1921D60E6C6E32BF7-5964-4489-8EDF-F833ED7C4025

食卓に並べるやいなや、これ!あれ!と指差しがはじまる・・・

銘々、お好みのものをお皿にとっていくスタイル。

でも結局まんべんなく食べてくれるから、

あまり売れ残りがないのが手づくりおせちのいいところ♪

 

 

さらには毎年恒例、

お友達家族との新年会でもおせち料理を

オードブル風に盛り付けておもてなししました。

 D3EAAD22-609C-4CEC-8632-D7345525B6A7

 

捉えようによっては

お酒のおつまみ、前菜盛り合わせのような

位置づけにもなってくれるおせちの数々。

こちらも喜んでもらえてうれしかった~^^

 

 

この年末年始は

「おせちの会」にご参加くださった方々からも

たくさんご連絡をいただきまして。

 

「作り始めたよ」「上手にできました!」

のご連絡から

「この場合はどうしたら?」というご相談、

お正月には食卓に並んだ様子なんかも

お写真で見せて頂いて、

新年早々あたたかい気持ちで

いっぱいになっていた私・・・♡

どれもこれも嬉しく拝見させていただいています!

 

はじめは私ひとりで孤独に(笑)

作り始めたおせちでしたが、

今ではこうしてみなさんとシェアしたり

コメントを寄せあいながら

おせちづくりが楽しめていることが

本当にうれしいし、ありがたい!

みなさまのご家庭でもぜひ、毎年の

恒例行事にしていただけたらなぁと思います。

ブログをご覧のみなさまは

どんなお正月を迎えられましたか?^^

 

 

さぁついに、仕事始め。

今年はどんなことをしようかな、と

思いを巡らせているところですが

(個人的には新しいことにチャレンジ中!形になりますように!)

 

昨年と同じく、

「おだし」の良さをたくさんの方に

知っていただき、

お役に立てていただけるような

活動・発信を引き続きしていきます。

本年もどうぞ、よろしくお願いいたします!^^

 

 

 

【現在ご案内中の教室】
2020年の教室につきましては、開催が決まり次第、公式LINEで配信いたします。LINE登録はブログ下部よりどうぞ↓↓

年末の最後5日間の過ごし方。おせちは「段取り」が一番!

今年もあと5日。

いよいよ年末モードに入ってきましたね。

 

クリスマスが終わり、街中の景色が

お正月仕様に変わっていくこの時期。

実店舗のある岡山市中央卸売市場も

人出のピークを迎えます。

 201612shop

今年は暦的に、この土日が一番にぎわうかな?

 

岡山中央水産も連日、

たくさんのお客様にご来店いただき

また、早々に売切れてしまった正月食材も

あったりでご迷惑をおかけしております。。

 

そんな中、私も

お仕事の合間をぬって

少しずつお正月を迎える準備を進めています。

 

CB9DFE07-F9D7-4709-8796-A2FCE1C4842C

お買い物第一弾。

絶対に必要なもので、日持ちのするものから

順々に買いそろえていきます。

 

 

6年おせちを作ってきて一番大事なのは

「段取り」だと思う今日この頃。

 

ちなみに私は

1年に1度のことなので諸々を忘れないように、

「おせちノート」なるものがあります^^

 0C867E34-BF02-4457-B401-F35716D8576C

まず、このノート上で

例年のおせちメニューや段取りを

振り返ってから今年のことを決めていきます。

 

先日の「おせちの会」でも

「毎年30、31日に

バタバタと焦っちゃうんです~」

って言われている方がいらっしゃいましたが

私も最初はそうでした。

 

やりたいこと(あれもこれも作りたい)と

現実(時間がない、手が足りない、、)に

挟まれて、大晦日の12時回って

年を越してもひとりフラフラになりながら

作ったこともありましたw

 

A24B59DB-0B08-4517-B843-DBBB6D4DCFFA

そんな経験と、

子どもが生まれてからは

「これでは絶対に無理!!」と感じ

段取り重視のスケジューリングに。

 

子どもがいると

年末の人混み中、買出しひとつ行くのにも

たいっっっへんな重労働です。よね?

 

さらにいえば、

おせちも作るけど

同時進行で普段の食事作りや家事だって

しなければいけません。

 

なので私は、

お正月準備を一気にするのではなく

この年末最後の5日間くらいで

細切れで準備していっています。

 

181204-3

180627-1

おだしをあらかじめたくさんとっておいたり、

 

B730D494-3BEC-4BC0-86D3-CBBCAD1AF709 

BEEA6E47-0497-412A-9907-4140F98A88BAD9AC2E88-AE09-4924-8B46-515B76CA7466

悪くならない材料は前日に切っておいて

→翌日に調理、と

ひとつのメニューも2日に分けて調理したり

 

A13BA0A3-C85F-4BCE-8428-5F0145853BFC

早めに仕込んでおくと

味がなじんで美味しくなるものから

作り始めたり

 

80749FE9-E99E-46E2-94B1-2C8643B93A9E

可能なものは思い切って

早めに作って冷凍しておいたり・・・

(黒豆は煮汁ごと冷凍保存可!)

 

 

私はほぼ趣味(?笑)で

沢山作りますが、できないときは

思い切って品数を減らすことも大事。

 

妊娠中や出産直後など、無理ーーっと

思う年はお雑煮だけ、数品だけ手づくり

というときもありました。

その気持ちが大切、ですからね^^

 

 

年末まであと5日。

いや、まだ5日もあります!

 

もしも

「おせちが作りたいけど、

いつも諦めてしまう、、、」

そんな方がいらっしゃったら

まだまだ、十分間に合いますよ~♪

みなさまのお正月の食卓が

楽しいものになりますように^^

 

 

お店の方は30日まで休まず営業いたしますー!

 

 

【現在ご案内中の教室】
2019年の教室は全て終了しました。
2020年の教室につきましては、開催が決まり次第、公式LINEで配信いたします。LINE登録はブログ下部よりどうぞ↓↓