離乳食初期~ちりめんじゃこ(しらす)のおいしい下ごしらえ

離乳食2ヶ月目に突入した

次男くん。

(これまでの離乳食レポートはこちらから→

今のところ、特に問題なく

順調に進んでいます!ありがたや~

 

 

そんな次男くんの離乳食にも

欠かせない食材。

今日は、離乳食初期から使える

ちりめんじゃこ(しらす干し)

についてです。

 

180610-3

おかゆやお野菜に慣れてきたら

食べさせてあげるといい

たんぱく質源。

 

離乳食初期から食べられるたんぱく源は

多くないのですが、

その中でも「ちりめんじゃこ」は

とても手軽で、取り入れやすい食材!

 

わが家は乾物屋ということもあり、

馴染みのあるこの“ちりめん”を

離乳食でもよく活用しています^^

 

 

淡路ちりめん

乾物屋なので、ちりめん選び放題♪笑 いろんな種類があるんですよ~

 

 

ちなみに、

「ちりめんじゃこ」と「しらす干し」

は同じもの。

ですが、乾燥の度合いによって

その呼び名が変わります。

また地域によって違う場合もあります。

 

一般的にはちりめんじゃこの方が

より乾燥させてあるのですが、

ちりめんじゃこの中でも

その乾燥具合はさまざま。

(柔らかめからしっかり乾燥、まで!)

 

初期の離乳食で使う際は

写真のもののように

・小ぶりで

・より柔らかいもの

を選んであげるのがオススメです!

 

 

 

離乳食で使うちりめんじゃこの

下ごしらえ、一番のポイントは

「塩抜き」

180616-1

赤ちゃんにとっては少し塩分が多いので

熱湯でさっと茹でてあげると

ほどよく塩分が抜けていきます。

 

また、ゆでることでより柔らかくなるので

離乳食づくりがスムーズになります。

30秒~1分ほどでOK!

 

180616-2

こんな風に、

少し白っぽくなります。

食べてみると塩分は抜けていますが

ちりめんの旨味はしっかり感じられます♪

 

 

そこから離乳食初期の赤ちゃんには・・・

180616-3

細かく刻んで

180616-4

すりつぶす!

 

ですがこれだけだと、

ちょっとパサついて

赤ちゃんが食べづらい。。

(そして、すりつぶすのも一苦労・・・)

 

180616-5

そんな時には

お白湯を少しかけて伸ばしながら

ペースト状にしていきます。

 

(ちなみに、

このお白湯を火にかけた昆布だしに

変えるとよりうま味がUPしますよ~!^^)

 

 

180610-2

こうして滑らかな

ちりめんじゃこペーストの

出来上がり!

 

 

「乾燥させる」ことで

より深みのあるうま味をもった

ちりめんじゃこは

それだけで美味しい♪♪

 

うちの次男くんもものすごい勢いで

がっついてくれます(笑)

なので、ストックが欠かせない!

(小分けにして冷凍保存しています)

180616-6

おかゆと混ぜても美味しいし、

お野菜との相性も◎

 

頭からしっぽまで丸ごと食べられる

小魚はカルシウムが豊富です^^

 

ちりめんじゃこはそれ自体、

日持ちもしますので

みなさまも離乳食期から上手に

取り入れてみてくださいね!

 

 

 

 

週1ペースでメッセージを配信しています

↓ ↓ ↓

▼▼\赤ちゃんのおだしやさんLINE@/▼▼

ブログの更新情報や
おだし教室の先行案内など
お得な情報をいち早くお届け中!

下記のボタンから
ぜひお友達になってくださいね♩

友だち追加
<LINE id : @akachan_odashi>

 

baby_dashi_bn
ONLINE SHOP
赤ちゃんのおだしやさん

赤ちゃん・子どもに伝えたい
安心安全な「食」をセレクトしています