おだし離乳食|豆腐とオクラの昆布だしあんかけ(離乳食中期~)

0歳8ヶ月後半くらいから、

次男くんの離乳食を少しずつ

カタチのあるものにし始めました。

(モグモグ練習!)

 

1か月前はちょっとでもツブツブが

残っているとイヤーと泣いていましたが

今ではペロリっとモグモグしてくれて

成長を感じる日々です^^

 

今日はそんな次男離乳食メニューから

一品ご紹介です。

 180803-1

離乳食中期・モグモグ期~メニュー

豆腐とオクラの

昆布だしあんかけ

 

 

今が旬のオクラ。

種を取り除いて、極々みじん切りにし

柔らかく茹でて与えているのですが、

どうも、食べづらそうな様子。。

 

そんな時に効果的なのが

「とろみ」をつけること!

 

たったこれだけで、

同じ食材でも上手に飲み込めたり

のど越しがよく、赤ちゃんが

喜んで食べてくれたりしますよ♪

 

180803-2

小さくみじん切りにしたオクラと

こちらも小さく切った絹ごし豆腐。

昆布だしをひたひたくらい鍋に入れ、

火にかけます。

 

今回はあらかじめ柔らかく茹でておいた

オクラを使ったのですが、

そうでない場合は

1)まず昆布だしとオクラを火にかけ、

 オクラが柔らかくなるまでゆでる

2)豆腐をあとから入れる

これでOKです♪

 

 

オクラからもいいとろみは出るのですが…

180803-3

ここで水溶き片栗粉を投入。

水1:片栗粉1で溶いたものを

用意します。

 

180803-4

水溶き片栗粉を入れたら

素早くかき混ぜるのが大事!

 

180803-5

そうすると程よいとろみがつき、

できあがりです!

 

180803-1

昆布だしでつくる「あん」なので、

あん自体にもうま味がきいてて

全体をとってもおいしく仕上げてくれます♪

 

ぜひ、とろみあんは一度お水ではなく、

出汁で作ってみてほしいー!!^^

 

 

今回は使用した食材的に

離乳食中期~と書きましたが

この「あん」というテクニックは

離乳食初期から使えるものです。

 

離乳食初期では中に入れる食材を

しっかりすりつぶして昆布だしと合わせ

最後に全体をとろみづけすればOK!

 

また、ボソボソしやすい

お魚やお肉といったタンパク質メニューを

美味しく食べる方法としても便利です♪

(これも食材が変わるだけで作り方は一緒)

 

 

 

いつもの形状だと、

どうも食べてくれない、食が進まない…

なんて赤ちゃんには一度こうして

ひと手間かけてあげるのも1つの手。

 

慣れればとっても簡単につくれるので

ぜひぜひお試しくださいませ!

 

 

 

 

おまけ。今日のひとこま。

180803-6

夏休みで

暇を持て余しているお兄ちゃん(笑)が

離乳食をあげてくれました♪

意外と、上手!!!

 

「おいし~い??」

「楽しいねー」

「ちょっと多すぎたね~」

「お兄ちゃんがあげるよ~」

 

と、教えてもないのに

お母さんも顔負けの声かけ!

おかげで弟も終始ニッコニコで

楽しそうに離乳食を食べていました^^

これからも頼りにしていますー♪

 

 

 

 

<<予告>>

8月下旬に「めんつゆの会」開催決定!

今週末にLINEおともだちの方から先行で

詳細のメッセージを配信いたします。

 

気になる方はお早めに、

おともだち登録しておいてくださいね♪

↓ ↓ ↓

▼▼\赤ちゃんのおだしやさんLINE@/▼▼

ブログの更新情報や
おだし教室の先行案内など
お得な情報をいち早くお届け中!

下記のボタンから
ぜひお友達になってくださいね♩

友だち追加
<LINE id : @akachan_odashi>

 

baby_dashi_bn
ONLINE SHOP
赤ちゃんのおだしやさん

赤ちゃん・子どもに伝えたい
安心安全な「食」をセレクトしています