1歳半の気になる食事とおやつ

先日、息子の1歳6ヶ月健診に行ってきました。
子どもの成長って本当早いですね・・・びっくり!

身体測定、内科・歯科健診、保健師さんによる面談などなど
1時間ほどかけてじっくりと見ていただきました。
身体面でも発達面でもおおむね順調、と言っていただきホッと一安心。
そして、全ての健診項目が終わったあと希望があれば
栄養士さんに栄養相談ができるとのこと。
ちょっと気になることがあったのでお願いしてきました。

気になること、というのが・・・

息子が食べ過ぎなのでは、という件(^_^;)

DSC07654_convert_20151210163042

贅沢な悩みなのは分かっております(笑)
ただ、ここ最近、「そんなに食べる!?」
と私たち親がびっくりするくらいの食事の量で
おかわりもしょっちゅう。
食事が終わったあとは、はち切れんばかりのお腹・・・
なので、今食べている食事内容も踏まえ
色々とお話を聞いていただきました。

 

まず、食べる量に関しては
食べたあとにもどしたり、下痢をしたりなど
体調が悪くないようであれば大丈夫、とのこと。
歩くようになって運動量も増え、
今までとは比べ物にならないくらいお腹もすくみたいです。

食事内容に関してはお褒めの言葉をいただきました◎
ご飯(お米)をしっかり食べて、お魚・お肉、野菜と
バランスよく食べれているのでいいですね、と!
身長体重から乳幼児のやせや肥満を測定する「カウプ指数」
というのも見ていただき、正常ど真ん中だったらしく
とても理想的だそうです~よかったよかった^^
これも息子があまり好き嫌いなく食べてくれるおかげです。
親としてはちょっと小柄かなぁなんて心配していたのですが
こういってもらえると安心ですよね。

 

特に褒めていただいたのがおやつの取り方。
我が家では息子も特に欲しがらないので、
いわゆる“お菓子”類は普段あげていないのですが
これが肥満や虫歯を防ぐ意味でとてもいいみたいです。

今はお店に行くと「○才からのおやつ」なんて商品が
たくさんありますよね。
あれを見るとなんだか食べさせないといけない気が・・・
でも一回の食事で沢山の量を食べられない乳幼児にとって
おやつの位置づけは4回目の食事。
朝昼晩の食事で出さないようなものは食べさせなくていいのよ~
っとこれは以前、歯科健診で歯科衛生士さんに教わりました。

代わりに我が家でおやつとして登場回数が多いのが果物。
これは大人が食べる量以上でなければ糖分なども大丈夫、
とのことでした。

 

あとは、歯もしっかり生え揃ってきたので
よく噛んで食べる練習をしましょうと言われました。
ここが今のところ、我が家の課題です。
はごたえのあるメニューももっと増やしていかなければ!

DSC07701_convert_20151210162847 
栄養相談したら頂けたパンフレット。
これ、全員に配ったらいいのになぁ・・・

子どもの食、それもはじめての子どもとなると
親は気になることがいっぱいですよね。
もう息子は離乳食から幼児食へ移りつつありますが
それでも日々の食事は試行錯誤の連続です。。

最近は自己主張もだいぶできるようになってきたので
昨日食べたものを今日は食べなかったり、その反対もしかり。
でも基本はニコニコ、美味しそうに楽しそうに食べてくれるので
その笑顔が見れて母は満足^^
普段は気になっていてもなかなか相談できるところがないので
今回の健診では色々話が聞けてよかったです♪

 

さあ、今日も母ちゃんはこれからごはん作り!
子育てママのみなさま、一緒にがんばりましょうね(^-^)/