幼児食~大人まで家族の食

離乳食卒業、そして幼児食(1歳9ヶ月)の悩みごと

2019/9/3

わが家の次男坊、ただいま1歳9ヶ月になりました。日に日にヤンチャ度合いが増していく今日この頃。。。

この不敵な笑みよ

気づけば食事もいわゆる「離乳食」は卒業の時期。(一般的に離乳完了は1歳6ヶ月が目安といわれています。)

次男の場合、母乳自体も1歳ですでに終えていて3食食事という生活にもずいぶん慣れ、本当の意味で離乳は完了のようです。どんどん赤ちゃんじゃなくなっていくなぁ~

そんな最近の次男なんですが。実は、悩みが満載!!!!!

ちょっと聞いてくれますか?(笑)

口を開けば、「いや~だあ~」連発でイヤイヤ期の王道を突っ走っている次男くん。

何をするにも首を縦にふらず、「ダメよ」なんて言おうもんなら激しい癇癪っぷり。。。食事の時間にも、もれなくこの傾向はあらわれまして困っております(泣)

1歳9ヶ月息子の食事で私が悩んでいること

好きな物ばっかり食べる

→その時食卓にあるもので好きなものをババっと一気に食べてしまい、おかわり!という。他の食べてからねーというと怒る笑

好きなように食べる

→絶賛手づかみ食べ中!

それはいいのだけれど、手のひらで潰したり全部味噌汁にインしたり、床に落としてみたり、いろんな実験するのやめて、、、ちなみに手を貸そうとするとまた怒る。。

食べる!食べない!どっち?!

→さっきまで機嫌良く食べてたのに急にプイッとそっぽを向いたり、今日なんて、一口食べて笑顔で「ごちそうさま」…って、どういうことーーー!

とまあ、あげたらキリがない。。。

 

もう忘れただけかもしれませんが、5歳の長男が同じ頃、こんなんだったっけ?って夫婦揃って振り回されています^^;

離乳食を卒業した頃から同じように悩むママさんの声は私も教室でごまんと聞いてきたつもり。

でも、いざ、自分ごととなるとなかなか客観的に見れないものでつい目の前の子供の様子に一喜一憂してしまうんですよね。

 

1歳半からの食事「幼児食」をあらためて本で勉強してみた

というわけで、お勉強も兼ねて「幼児食」のことを復習していました。

(長男の時にいただいた自治体のパンフレットや本。久々に開いた・・・)

そもそも、幼児食とは大人と同じような食事ができるようになりはじめる1歳〜5歳頃の子供の食事のこと。

離乳食で「食べ物」を食べることに慣れる練習をしてきた赤ちゃんたちが食べる楽しみを覚え、さらに今度は味覚や嗜好の幅を広げていく大事な時期です。

よく、離乳食完了=大人と同じ食事ができるなんでも食べられると思われがちですが、実はこの時期の子供の食事にも気をつけたいことはたくさんあります。

そのあたりは長くなるのでまた、別記事でシェアさせていただくとしまして。

今回あらためて復習してみて、少し冷静になれたというか(笑)根本的に心がけていることは間違っていないんだなあと、ふっと心が軽くなったというか。

俯瞰で見るって大事ですね。

でもやっぱりもっともっと楽しい食の時間をつくるためにも工夫は必要!ということで、幼児食のガイドを参考にしながらこれから私が心がけたいことを考えてみました。

 

これからの幼児食で私が気をつけようと思う3つのこと

食事の量を少し減らしてみる。

離乳食時代、とにかくよく食べる!子だったので、そのイメージでついついモリモリに盛りすぎる傾向が、、、

そしてそれが完食できないと、全然食べない!なんて思っていたけど、あらためてモデルメニューの量を見てみたらけっこう少ない・・・!

満腹中枢も形成されつつあるころだと思うので、これからは少し量を減らして「食べた!」の達成感が感じられるように心がけようと思います。

加えて食べやすい形状(大きさ、固さなど)ももう一度考えてみよう!

 

1歳のいう好き・嫌いにとらわれすぎない。

この時期の好き嫌いは大人でいう「絶対食べたくない、食べられない!」というほどのものでなく、その時の気分だったり、食べにくかったり、飽きていたり・・・程度のもの。

次男くんも最近、野菜の食べが悪くなった…とちょっとヤキモキしていたのですが、よくよく考えると全部の野菜を食べないわけではなくて、好んで食べているものもある!

だったら今はそれでいいじゃない◎と気楽に考えることに。

長男くんもそうでしたが、いつのまにか食べているね、なんてことも大いにあり得るので負けずに(笑)あの手この手でひっそりと、食卓には並べ続けて行こうと思います。

子どもと食の関わりってなんとも長期戦!

 

楽しく、味覚の幅を広げる

やっぱり食事の時間が楽しくないと、美味しいごはんも美味しくなくなっちゃう。

せっかく作った食事を食べてくれなかったり、遊び食べされたりすると「イラッ」としますが(私ももちろん、します!!!)なるべく、おおらかな気持ちで食事の時間を過ごしたいなと思います。

実際に、なかなか手をつけないものがあっても私たちやお兄ちゃんが「おいしいっ!」なんてニコニコしながら食べていると、自然と次男も食べていたり、、ということがよくあります。

シンクロ!

家族で一緒のものを楽しく食べることで味覚や嗜好の幅も広げられていくのでここは今まで以上に意識していこう!とあらためて感じました。

そして、もちろんそこはおだしの出番♩

乾物屋のわが家では普段からおだしを日常的に使って、からだに優しい食事を家族みんなで楽しんでいます♩おだしをベースに使うと小さい子供がいても取り分けなどしやすいし、大人と子供でわざわざ細かく味付けを変えなくてもいいので周りまわってママの負担も軽くなりますよー^^

あくまでわが家の場合ではありますが、同じぐらいの月齢のお子様がいる方の参考になれば嬉しいです♩

 

いろんな悩みがあった次男も、モリモリ食べてすくすく成長中♪その後のリアルな幼児食の話、知っておくと日々のごはん作りが楽しくなるおだしのことは「おだしやさんのメールマガジン」でお届けしています。下からぜひお気軽に登録してくださいね^^

\詳細はこちらから/

 

-幼児食~大人まで家族の食

Copyright© 赤ちゃんのおだしやさん , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.