調味料を使わなくても「おいしい」離乳食はつくれる!

お休みだった昨日の朝、

シャチョウが冷蔵庫のありもので

作ってくれた一品。

 B99A31E2-19CA-4A86-B0AE-5060015B5933

じゃこピーマンです。

ご飯のおともにぴったりで

箸がすすむ、すすむ!

 

しかもこのじゃこピー、

なんと

調味料での味つけなし

というからビックリ!

だって、しっかり味がしてたんですよ~!

 

その美味しさの秘密を紐解いてみるべく

リサーチすると・・・

 

①フライパンでごま油を熱し、

ごまも入れてさらに香りを出す。

↓ 

②ピーマンとちりめんじゃこを炒める

 ↓

③仕上げにかつお節を細かく砕いて入れ

焦がさないようさっと炒めてできあがり。

 

たったこれだけ!

私も同じような材料で作るけれど、

シャチョウの方がより丁寧です(笑)

 

 

調味料を使っていないのに「味」を感じたのは

ピーマンの甘味、

ちりめんじゃこやかつおの塩味、うま味、

ごま油、ごまの香り、コクなど・・・

自然な「味」がこれだけ組み合わさったから。

 

おかげで、5歳1歳の息子も一緒にパクパク♪

(1歳次男が、最近ピーマン食べるようになってきました~~♡)

お代わりいっぱい食べたい!と言われても、

これなら罪悪感なく「どうぞ」って言えます^^

 

 

思い返せば、この

「調味料をつかわずおいしくつくる」

というのは

子供たちの離乳食づくりの時にも

よく考えていた私のミッションのひとつ。

 

天然だしはいわずもがな、ですが

それだけだと味が単調になりがちなのは確か。

 

そんな時に

「ちょっと足すと味が変わる」

と重宝していた食材があります。

それがこちら。

 A6C8DE7C-1EB3-4FF5-8649-4CF3AAB0513B

ちりめんじゃこ、かつお節、海苔、ごま、

などなど。

それぞれ月齢に合わせて塩抜きをしたり

細かくしたり、量を調整しながら使っていました。

 

今でももちろんわが家の常備食材で、

ちょっと味がぼんやりしているな、とか

何だか物足りない・・・という時には

すぐに調味料を足すのではなく、

まずはこれらを足して味を調整してみます。

(あとは、お好み焼に使うような青のりや、

アレルギーなどの心配がなければアミエビなどもとっても使える!

が!!今日はちょうど切れていました。。)

 

これらの食材は、調味料のような

分かりやすい「味の濃さ」はありませんが

自然な塩味、うま味、甘み、香りなど

複雑な味をそれぞれ含んでいて

やさしいながらも加えるお料理の

味を変化させてくれます。

 

いわゆる「風味」というものですね。

 

 180725-5

味というのは単純に舌で感じているだけでなく

鼻から感じる「おいしさ」というのも

大きなウェイトを占めているそうです。

 

特に赤ちゃんは感じる力が敏感なので

この「香り」からも

繊細な味の違いを感じ取っています。

だからこそ「風味」を上手に使うことで

調味料を使わずともおいしいと思える

離乳食を作ることって可能なんですよね。

 

ちなみにこれは

大人が高血圧や生活習慣病などで

減塩の食事をとるときにも指導される方法で、

だしの香りや風味の良い食材を使うことで

食事につかう調味料を減らすことができます。

(さらに言うと、大人はお酢、レモンなどの酸味、

ネギ、紫蘇、茗荷などの薬味を使うのも効果的です!)

 

風味をうまく活用して

おいしい離乳食をつくる。

 

月齢によって使える食材、量を選びながら

メインとなる食材にちょい足しするだけで

離乳食のバリエーションも増やせますよ♪

 

 

 

 

教室ではさらに具体的な方法など、

体験談も踏まえながらお話しています。

残席あります◎↓↓

【現在ご案内中の教室】
●10/17(木) 10:30-
出張「味覚を育てる離乳食×おだし教室」
@岡山市中区・親子カフェUmeno
→詳細はこちら

オンラインショップ

\ お買い物はこちらから /
netshop-bn
水にポンと浸けるだけ!
簡単水出しができる「赤ちゃんのおだし」
(離乳食スタートから使える天然だし)
はネットショップから便利にご購入いただけます。

\フォローお願いします♪/

LINE@
▼▼赤ちゃんのおだしやさんLINE@▼▼

毎月のおだし教室の先行案内など
最新情報をお届けしています。

友だち登録はこちらから
友だち追加
<LINE id : @akachan_odashi>