キッチンでのお手伝いからまなぶこと

最近の息子。

キッチンでご飯を作っていると
毎日、いや毎食?!必ず

「ぼくもいっしょにつくるー!」
と言って踏み台を持ってきて
一緒にご飯を作りたがります。

otetudai

急いでいる時なんかは
「あっちで遊んでて~~」と思いますが(笑)

せっかく来てくれたのだし
興味があるのなら、と
簡単なお手伝いをしてもらっています^^

 

まだまだ何をするかわからないので
基本は安全な作業を。

・混ぜる
・切ったものをボウルや鍋に入れる
・野菜を洗う
・つぶす

くらいなのですが・・・

それでもこれが
ものすごく楽しそう♪

 

otetudai-maze

これはお好み焼きの生地を
混ぜ混ぜしてくれているところ。

時々アレンジして、
好きなものを勝手にボウルに入れたり
したりもしますが(笑)

「ここはこうするんだよ」とか
私が教えるときちんと理解して、
やってみようとしてくれます。

 

食べることが大好きな息子ですが、
こうやって食を「つくる」という
視点からも好きになってくれるのは
とても嬉しいこと!

さらには
もうひとつ嬉しいことが。

 

 

息子に手伝ってもらうのは
料理のほんの一部分だったりするので
キッチンで完成品を見ていないことが
多いのですが、

いざ食卓に出すと
「あ!これ、ぼくが鍋に入れたね~」
とちゃんと覚えている!

そして
「そうだね。
 ○○くんが手作ってくれたから美味しいね~」
と私がいうと満面の笑み^^

もちろん、
自分でもすごく美味しそうに食べていました。

 

 2歳、とまだまだ小さく感じますが
自分で作ったものには
きちんと愛着を感じているんでしょうね。
そう思うと母として嬉しくなりました。

こういう体験を通じて
「食」の大切さを少しずつ
感じ取っていってもらえたらなぁと思います。

 

 

実は私は
小さいころにあんまりお手伝いを
していなかった子ども。

今になってちょっぴり残念だなーと思うことも。
あの頃にはもう戻れないので・・・

 

また、わが家はシャチョウ(旦那)も
しょっちゅうキッチンに立っていることもあり
自分の子どもには男女関係なく
興味があるうちに色んな体験を
してもらいたいなぁと思っています。

 

全然”男子入るべからず”ではないわがやの台所。

お母さんだけじゃなくて、
お父さんも、子どもたちも
みんなが参加できる台所仕事って
とっても楽しそうですよね♪

きっとそのうち、
手伝ってくれなくなると思うので
今のうちに私も
お手伝いの時間を楽しみます^^

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Instagram \乾物屋の日々を毎日更新中/ 
【岡山中央水産
Instagram(インスタグラム)】

(アカウント:okayamatyuusui)
だし・乾物を使った日々の食事を発信しています。
2歳になる息子に作るこどもの食事も♪
ぜひフォローしてくださいね^^
↓↓

Instagram

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

banner

▲▲「乾物屋の岡山中央水産」
基本のだしのとり方から
だしを使った離乳食レシピ・大人用レシピまで。
毎日のお料理の参考にしていただけると嬉しいです。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

appqr

岡山中央水産公式スマホアプリができました。
ぜひぜひダウンロードしてくださいね♪

Download_on_the_App_Store_JP_135x40

ja_badge_web_generic
※Android / iOSアプリ専用となるため、スマートフォンをお持ちの方のみご利用頂けます。