子どもの味覚は敏感、と実感したとき。

本日は、おかやまマラソンでしたね。
市場周辺も
フルマラソンのコースとなっていました。
出場されたみなさま、お疲れさまでした!

 

Instagramでもご紹介しましたが、
先日のおやすみのできごと。

久しぶりに何も予定のないお休みだったので
「息子に手づくりおやつを作ってあげよう♪」
と、朝からおやつづくりをしました。

余らせていた棒寒天があったので
黒ゴマミルク寒天をつくることに!

子どもと一緒に手づくりおやつ

息子もゴマをすりすりしたり、
まぜまぜしたりとしっかりお手伝い。

冷やして固めるのに少し時間をおくのですが、
数分ごとに
「もうできたかな?もう固まった?」
と何回も冷蔵庫チェックに行く
食いしん坊の息子(笑)

 

 

さて、お昼寝もおわって
おやつタイムになりました!

寒天おやつ

ワクワクしながら
できあがったおやつを食べて
息子がひとこと・・・

「めっちゃ、まずい・・・」

えっ!!!?Σ( ̄ロ ̄lll)
まずい!?
というか、
マズイなんて言葉、いつ覚えた??!笑

お砂糖は控えめにしましたが
固める前はそんなにまずくなかったはず・・・

ですが、私も食べてみたら
確かにちょっと薄すぎる?味。
なんというか、まとまっていないというか
ただ味が薄いというだけでなく
バランスが悪いというか。

 

普段、薄味、薄味といっている
2歳の息子の食事。

食事は薄味、とはいえ
素材のおいしさを感じられているのか
「美味しくない」ということは
普段そんなにありません。

(むしろ、食感とかで苦手というものはあったり)

 

それが、
今回のおやつは「まずい」の感想。

ちょっぴりショックでしたが(笑)、
息子の味覚はきちんと作られているのだな
と感じる出来事でもありました。

 

素材味でも本来の「おいしさ」を
感じることができれば
それは「美味しい」し、

調味料を使っても
本来の「おいしさ」を
感じられないのであれば
それは「美味しくない」。

ものすごくシンプルです。
かつ大人も顔負けの繊細さ。

 

そんな違いがわかるのはきっと、
味覚が大人の何倍も敏感だといわれる
「こども」の舌ゆえ、でしょうか。

 

 

私もまだまだ修行が必要そうです・・・!
(とくにおやつ(^_^;))

息子に、家族に
「おいしい!」と言ってもらえる
食事づくりの日々はこれからも続きます^^

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▼岡山中央水産公式Facebookページ

「いいね」ボタンを押すと、
最新情報がすぐに確認できるようになります!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Instagram \乾物屋の日々を毎日更新中/ 
【岡山中央水産
Instagram(インスタグラム)】

(アカウント:okayamatyuusui)
だし・乾物を使った日々の食事を発信しています。
2歳になる息子に作るこどもの食事も♪
ぜひフォローしてくださいね^^
↓↓

Instagram

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

banner

▲▲「乾物屋の岡山中央水産」
基本のだしのとり方から
だしを使った離乳食レシピ・大人用レシピまで。
毎日のお料理の参考にしていただけると嬉しいです。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▼岡山中央水産スマホアプリ

岡山中央水産スマホアプリ

商品検索、レシピ検索など便利にお使いいただけます。
↓ダウンロードはこちらから↓

Download_on_the_App_Store_JP_135x40

ja_badge_web_generic
※Android / iOSアプリ専用となるため、スマートフォンをお持ちの方のみご利用頂けます。