0795B3D8-8629-458D-8B1C-41DB3839102B

月齢別・離乳食用の出汁(だし)の選びかた

おいしい離乳食をつくるのに欠かせないのが
「出汁(だし)」

けれどもいざ、「離乳食用におだしをとろう!」と思っても、出汁の種類も様々でこの場合はどのおだしを使ったらいいの?なんて悩みますよね。

 

今日は赤ちゃんの月齢に合わせたオススメのおだしの選び方をまとめてみました。

 

離乳食スタートから:昆布だし

IMG_7823_convert_20151127232223

離乳食がスタートする0歳5ヶ月、0歳6ヶ月から使えるのが「昆布だし」。

昆布は植物性の素材なので、おかゆやお野菜など赤ちゃんの身体に負担のない食材からスタートする離乳食初期でも使うことができます。

 

180622-1

だしのとり方はとっても簡単。昆布は水出しが基本です。

水に対して1%の量の昆布(1リットルの水なら10g、500mlなら5gというように)を用意し、5時間以上水につけておくだけ。

それだけでしっかりと美味しいおだしが準備できるので、離乳食からおだしに挑戦!というママにもぴったりです。まずは昆布の水出しから気軽にはじめてみてくださいね♪

 

離乳食後期から:煮干し昆布だし

IMG_7835_convert_20151127230320

離乳食スタートして3、4ヶ月ほど経つと(0歳9ヶ月頃~)野菜だけでなくタンパク質も徐々に慣れてくる頃かと思います。お魚などが特に問題なく食べられるようになってきたら、「煮干し昆布だし」でおだしもステップアップしてみましょう!

カタクチイワシが原料の煮干し(いりこ)は甘くて濃厚なおだしがとれるのが特徴。これを昆布との合わせだしにすることで昆布だしだけの時よりもうま味が強くなり、おだし自体の味に深みが出てさらに離乳食が美味しくなります。

煮干し昆布水出し

煮干しも基本は水出しでOK。昆布だしと要領は一緒なので、昆布だしを取るのに慣れていたら合わせだしも難なくとることができますね。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ

離乳食期から使える♪簡単おだしの取り方

http://news.tyuusui.com/2191

 

おだしをステップアップすることで、今までと同じ調理法でも味わいが変わります。マンネリになりがちな離乳食メニューに変化をつけるのにもいいですよ^^

また、煮干し昆布だしを「基本のおだし」として常備しておくと大人の食事にも使え、調味料を加える前においしい離乳食分のとりわけができるのも嬉しいポイントです♩

 

その他の出汁:かつおだし、干し椎茸だし

離乳食時期の赤ちゃんを育てる0歳~1歳代のママって本当に忙しい!!!ですよね。(私も夜な夜な離乳食ストックを作っていた思い出が・・・涙)

そんな中でも、赤ちゃんの離乳食用に美味しいおだしを取りたいという方のために①離乳食スタート~②離乳食後期~の2つの簡単なおだしをご紹介しました。

この2つさえ使いこなせれば、赤ちゃん~大人の食事まで全てカバーできるのですが、もう少し味の幅を広げたい方のためにさらに+αのおだしをピックアップです^ ^

かつおだし

181204-2

かつお節でとるおだしは離乳食中期(0歳7ヶ月頃)~使えます。かつおだしは香りがとてもよく、食欲をそそるので食べにくい食材(青菜系)をゆでる、煮るなどに使ってあげるといいですね。

 

かつおだしはこれまで紹介してきた水出し、ではなく煮出してとる方が特徴的な香りを存分に引き出すことができるのでオススメです。

水の量に対して2%~3%くらいのかつお節を沸騰直前の水の中に入れ、1分ほどで(長いことグラグラさせた中に入れるとエグミが出てきます)火を止めざるにあげて濾します。

水はあらかじめ水出ししておいた昆布だしに変えて、かつおと昆布の合わせだしにするともっと風味が増します。

181204-3

水出しよりもひと手間はかかりますが、時間のあるときに作っておくとお料理の味も香りもグンと変わりますよ^ ^

 

干し椎茸だし

DSC00176_convert_20160607143453

干し椎茸も植物性の素材なので離乳食初期から使えますが、香りがとても強いので私は離乳食中期(0歳7ヶ月)頃~少しずつ使う程度にしていました。(身体への負担はないですが大人と同じように、中には椎茸の風味が苦手な赤ちゃんもいるかもしれません!)

少量でグッと風味が増すので、「サブおだし」として昆布だしや煮干し昆布だしと併用すると調味料なしでもだいぶ味が変わります。

2016-04-23+21+53+51_convert_20160426135941

干し椎茸は水出しをすることで、持っている風味や栄養素が壊れることなくおだしに溶け出します。

ポイントはたっぷりの水に浸けてゆっくりと時間をかけて戻すこと。椎茸の大きさにもよりますが1~2日くらいかけるのがベストです。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ

基本の下ごしらえ(干し椎茸だしの取り方)」 

http://news.tyuusui.com/1119

 

戻した干し椎茸も美味しく食べられますが、赤ちゃんには食べにくいので歯がしっかり生えそろった1歳以降~徐々に食事に加えてみてくださいね。

 

おだしで離乳食のバリエーションも増やせます!

0795B3D8-8629-458D-8B1C-41DB3839102B

おだしの取り方、選び方は人それぞれ。

たくさんの方法があってはじめは迷うかもしれませんがまずは試してみて、自分に合うものを見つけることが大事です。

 

私は自分の離乳食づくりの経験も踏まえると昆布や煮干し昆布の水出しだしがオススメですが、ライフスタイルだったり、その味だったり、「好み」で「続けられそう」なものを選ぶのが一番!

そうして「おだしをとること」に慣れていろんな種類の素材でお出汁が取れるようになると、それだけで離乳食のバリエーションも広がってきます。

おだしのパワーを美味しい離乳食、日々の食事づくりにどんどん活用してみてくださいね!^ ^


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です